行方不明者の捜索に便利なのが、ネット上にあるSNSです。

Facebookは本人名義登録なので探しやすい

現在、様々なSNSが存在していますが、中でも探しやすいのはFacebookです。
Facebookが人を探すのに向いている理由は、本名で登録をしている事が多い、そして本人の写真も合わせて登録している事が多い為です。

ですから、本名で検索をすれば、見つかる可能性があります。

同じ名前の人が何人も登録していた場合でも、写真等から、本人かどうかを判断しやすく、名前を元に本人を探したいと考えた場合、Facebookが便利です。

更に、Facebookの場合、メールアドレスや電話番号、検索をするという事も可能になっています。
メールアドレスや電話番号は変わっている可能性もあります。

ですが、そのままのメールアドレスや電話番号を使っている人の場合、メールアドレスや電話番号で検索をする事で、本人を見つける事が可能になります。

ただ、プライバシーの問題上、メールアドレスや電話番号では検索にひっかからないようにしている人もいます。
ですから、本名等と合わせて検索をしてみるという事がおすすめです。

本人が見つからない場合、共通の知り合いを検索してみる事で、その人に繋がる手がかりが見つかる事もあります。

mixi Twitter

SNSにはmixiやTwitterもあります。
ただ、mixiやTwitterというのは、本名で登録していない事が多く、本名から人を探すのは簡単ではありません。

ですが、mixiの場合、様々なコミュニティが存在します。

コミュニティの中には、出身校等に関するコミュニティもあります。
同級生等を探したいという場合、こうしたコミュニティを確認してみる事で、探している人が見つかる、もしくは探している人の手がかりが見つかるという事も珍しくありません。

ですから、mixiに登録した後は、探している人が見つかりやすそうなコミュニティを探してみる事がおすすめです。

多くの人が利用しており、人探しにも役に立つのではないかと考える人が多いSNSがTwitterです。
探している人の情報をつぶやき、拡散して貰う事で、その人の情報を得やすくなるのではないかと考える人もいますが、この方法は、探している人の個人情報を不特定多数に発信する事になり、その人に迷惑をかけてしまう事になります。

余程の事情がある場合であれば、拡散をして貰うという事は有効な方法です。

ですが、個人的に会いたい人がいる程度であれば、発言内容からその人を探してく事がおすすめです。

ただ、登録している名前は本名以外が殆どで、名前しか分からない状態であれば、Facebookの方が見つかる可能性が高くなります。

SNS以外に掲示板サイトなどもあります。トップページに記載しましたのでこちらも併せてご確認ください。

行方不明者の捜索方法TOPへ