仕事を始めたときには頑張って働こうと意気込んでいたとしても、その頑張りが空回りしてしまい、仕事がうまくいかないこともあります。

小さなミスが重なって、大きな失敗につながるようなこともありますし、職場での人間関係のトラブルもあります。

頑張って働こうという意欲はあるのに頑張れば頑張るほどうまくいかず、また失敗するのではという恐怖からミスが続くようになります。

あまりにもそのような状態が続けば、どんどん追い詰められてしまうことになり、自分でもどうしたらいいかがわからない状態になるでしょう。

上司からは怒られ、家に帰れば妻から責め立てられ、子供はまったくいうことを聞いてくれないという状態が続けば、どこに行っても逃げ場がないということになり、精神的に大きなダメージを受けてしまうことになるのです。

会社に行けない、家にも居れないとなれば行く当てもなく失踪して行方不明になるケースがあります。

夫が父が行方不明だと発見される経路

職場での問題から行方不明者の多くは、働き盛りの男性です。

会社にも連絡をすることなく無断欠勤をすれば、上司・同僚がすぐに異変に気付くことになるでしょう。場合によっては会社からの電話で家族に知らせが入り捜索願を出します。

逆に家族が気づいて会社に連絡を入れたら出社していなかった‥などの発見される経路もあります。

仕事が理由での行方不明者は危険なことも

この人たちが失踪してしまった場合の行動パターンはとても危険なことがあります。

仕事で問題を抱えてしまうと、深刻な考えに陥りやすく、そのまま命を絶つことを考えてしまう人も少なくありません。

あるいは全てが嫌になって実家に帰ったり誰にも見つかりにくい地方で羽根を伸ばしてるかもしれません。

そのため、大至急で行方を探すことが望ましいです。

自ら間違った道を選んでしまわないようにするためには、家族の助けが必要です。

実家、友人宅、漫画喫茶の他、よく宿泊する所、思い当たる場所を探し情報提供を求める事です。

仕事の悩み、残業が多い、過重労働、給料が低い、上司のパワハラなどからうつ病を患っている方の急な行方不明もよく起こります。

事前にこれらの兆候を察して家族が助けられるようにしておくことも必要だったという事です。

行方不明者の捜索方法TOPへ